MPEG Surround

 

MPEG Surround 規格は、帯域幅が限られたチャンネルで非常に効率的にサラウンドサウンドを伝送する手法を規定しています。MPEG Surround は、マルチチャンネルオーディオ信号のすべてのチャンネルをコード化するのではなく、主要な信号特性のパラメーター記述を使用して、ステレオよりもわずかに高いビットレートでマルチチャンネルオーディオを伝送します。

MPEG Surround には 3 つの動作モードがあり、いずれもレガシーハードウェアで再生するためのステレオのみのデコーダーと互換性があります。このため、MPEG Surround は、マルチチャンネルオーディオを既存のステレオ形式や配信サービスに導入するのに適した手段です。3 つのモードそれぞれにおいて、マルチチャンネル信号は、空間特性を記述する一連のパラメーターを使って (アルゴリズムまたはアーティスティックに生成された) ダウンミックス信号として表されます。その後、MPEG Surround デコーダーによって、マルチチャンネルレンダリングが、3 つの動作モード、つまりディスクリートマルチチャンネル出力 (5.1 など)、既存のマトリックスサラウンドシステムで使用するマトリックス互換ダウンミックス、標準的なステレオヘッドフォンでサラウンドサウンドの印象を効果的に生み出すバイノーラルモード) のいずれかを使用して生成されます。

また、MPEG-4 HE AAC と組み合わせることにより、64kbps 以下のビットレートで高音質のサラウンドサウンドを実現できます。

MPEG Surround は、基盤となるオーディオコーデックとは独立して動作するため、AAC、HE AAC (aacPlus) Layer-2 のほか、PCM とともに使用することもできます。

MPEG Surround の追加情報は、www.mpegsurround.com で入手できます。本規格 (ISO/IEC 23003-1) のコピーおよび MPEG リファレンスソフトウェアは、ISO オンラインストアから入手できます (「23003-1」を検索してください)。