MPEG-H 3D Audio

MPEG-H 3D Audio は、今日および将来のメディアの配信課題に対応した最新の国際規格であり、放送、ストリーミング、および仮想現実や拡張現実アプリケーション向けにパーソナライズされた没入型サウンドを提供します。MPEG-H 3D Audioはアーティストやコンテンツプロバイダーの創作的および技術的なニーズを満たすと同時に、コンシューマーがオーディオ体験をパーソナライズし、あらゆる方向からサウンドを楽しめるように設計されています。

ビルトイン レンダリング機能と高度なダイナミックレンジコントロール機能を備えた MPEG-H 3D Audio は、テレビ、携帯電話、タブレット、サウンドバー、スマート スピーカー、オーディオ/ビデオ (A/V) レシーバー、および、ヘッドフォン再生用の自動車またはバイノーラル レンダリングなど、すべてのデバイスに高品質のエンドユーザー体験を提供します。

ISO/IEC MPEG (Moving Picture Expert Group) によって開発された MPEG-H 3D Audio 規格 (ISO/IEC 23008-3) は、高品質のサウンド生成や、ビットレート効率の高い伝送、パーソナライズされた没入型サウンドの再生を容易にします。同規格は、地上波、衛星、モバイルまたはブロードバンド ネットワークなどの、配信プラットフォームに依存しない、チャンネルベース、オブジェクトベース、およびシーンベース (高次アンビソニックス) コンテンツなど、あらゆるコンテンツを提供しています。

放送およびストリーミング アプリケーションの主要規格ですでに採用されている MPEG-H 3D Audio には、市場に関連する 2 つのプロファイル (Low Complexity プロファイルと Baseline プロファイル) が含まれています。これらは、放送、ビデオ、および音楽ストリーミング業界によって展開され、異なるコンテンツ バージョン間の切り替えや、コンテンツ再生中のオーディオ オブジェクトの位置とゲインの調整など、プログラムの双方向性とパーソナライズを可能にします。MPEG-H 3D Audio のもう 1 つの重要機能は、その高レベルのアクセシビリティであり、これは視覚や聴覚に障害のある方の体験を改善するものとして不可欠です。

ISO/IEC 23008-3 のコピーは、ISO オンラインストアで入手できます。

プレス用紙: MPEG-H 3D Audio

ビデオ: MPEG-H 3D Audio - 感情を伝達

MPEG-H 3D Audio ライセンサーには以下が含まれます。