MPEGサラウンドライセンス料金

許諾製品(PCソフトウェア以外)–「標準料金」

コンシューマー製品

数量(台数ごと1/年間累計)1台あたりの使用料
最初の1~500,000台$0.49
500,001~1,000,000台$0.38
1,000,001~2,000,000台$0.31
2,000,001~5,000,000台$0.26
5,000,001~10,000,000台$0.21
10,000,001~20,000,000台$0.12
20,000,001~50,000,000台$0.10
50,000,001台以上$0.075

1バイノーラル(両耳)製品は0.5台として数えます(下記を参照してください)

MPEGサラウンドバイノーラルモード

MPEGサラウンドのバイノーラルモードのみを実装している製品は、ライセンス料金の計算では、0.5台として数えます。たとえば、ライセンシーが5,000台の許諾製品を出荷し、そのうち3,000台がバイノーラル(ステレオ出力のみ)である場合、料金の合計は、(2,000 + (3,000/2)) * 0.49により計算され、1,715ドルとなります。

プロフェッショナル2製品

 デコーダー製品エンコーダー/コーデック製品
1台あたりの使用料$2.50$25.00

PCソフトウェア

コンシューマーPCソフトウェアデコーダー製品エンコーダー/コーデック製品
1台あたりの使用料$0.25$0.50
年間支払い上限PCソフトウェア製品あたり32,000ドルライセンシーあたり172,000ドル
プロフェッショナルPCソフトウェアデコーダー製品エンコーダー/コーデック製品
1台あたりの使用料$2.50$25.00
PCソフトウェア製品あたりの料金上限なしエンドユーザー価格の2.5%を超過しないこと

2プロフェッショナル製品とは、主にエンドユーザーが直接収益を上げるために使用されるもの、またはエンドユーザーが収益を上げるための主要なリソースとして機能することを意図するものです。これにはモニタリングや測定機器も含まれます。