MPEG-4 SLS

SLS(スケーラブルロスレス)は、MPEG-4 AAC(アドバンストオーディオコーディング)を、知覚透過的な再生から、データ欠落のないロスレス圧縮で高音質へと改善したスケーラブルなロスレス音声圧縮技術です。SLSを利用することにより、単一の圧縮された音声ファイルを標準AACデコーダーで再生でき、標準AACファイルのクオリティと比較して音質を損なうことがまったくありません。また、SLSデコーダーでも再生でき、音源素材と同等の音質を得ることができます。

SLSは「HD-AAC」とも呼ばれ、特に放送環境や音楽制作環境に適した技術です。これらの環境では、ロスレス特性によって複数のソリューションが可能になり、信号ロスを生じることがなく編集ステップを完了できます。さらに、オリジナルの非圧縮ソースファイルを忠実に再生したフォーマットで、制作物をアーカイブできます。SLS は、AACを強化する拡張レイヤーとして実装され、全帯域幅の多様なデータをSLS拡張に使用することで、(完全なロスレスへの)上方拡張性を達成します。完全にロスレスの再生を行った場合、SLSの平均圧縮率は約50%(2:1)であり、AACへの後方互換性を提供しない純粋なロスレスオーディオ圧縮スキームと同等の圧縮率を実現しています。

SLSを採用したコンシューマーアプリケーションは、家庭用の高音質オーディオ機器におけるロスレス再生、外出先で楽しむポータブル機器での再生も同時にサポートする音楽ライブラリーの管理能力を備えています。SLSはまた、陳腐化を生じさせない技術です。今後、新しいオーディオコーディング技術が普及しても、ロスレス形式で保存されているマテリアルの再エンコーディングは、最良の結果を確実に得ることができます。

SLSの第2バージョンは、規格で定義されています。SLSノンコアと呼ばれるこの技術バージョンは、AACは必須のコアコーデックではなく、ベースレイヤーの再生用AACデコーダーとは互換性がありません。

SLS仕様が組み込まれたMPEG-4オーディオ規格のコピーは、ISOオンラインストア(「14496-3」で検索)で入手することができます。