802.11(a-j)

IEEE 802.11規格は、ワイヤレス技術を活用してイーサネットのネットワーク通信を拡張するシステムを規定しています。IEEE 802.11に準拠する機器はアクセスポイントとして機能し、無線LAN内にある関連ワイヤレス機器を、他の有線ネットワーク(または無線ネットワーク)にアクセスできるようにします。また、IEEE 802.11準拠機器は個別アダプターとしても使用でき、関連するハードウェアに他の機器への無線接続を提供します。ピアツーピアによるもののほか、遠隔地の有線・無線ネットワークへのアクセスポイントを介した無線接続も可能です。

IEEE 802.11技術を使用することにより、幅広い分野のコンシューマー機器や産業用機器が簡単にネットワーク接続できるようになり、有線によるネットワークが実現できないような多くのアプリケーションに適用できます。ブロードバンドネットワークに対する広範囲かつシンプルなアクセスを提供するIEEE 802.11技術は、コンピューターの世界とコンシューマーエンタテインメントを融合させる重要な構成要素であり、ブロードバンドインターネットアクセスを、より多くのコンシューマーとさらに多様な機器に拡張していく鍵となります。コンピューター、コンピューター周辺機器、セットトップボックス、テレビ、メディアプレーヤー、ゲームコンソール、スピーカー、セキュリティシステム、ビデオカメラ、スチルカメラ、ビデオ電話、携帯電話、PDA、ラジオなどのコンシューマー製品はもとより、あらゆる電子機器製品をIEEE 802.11のネットワークによって、他の機器やインターネットに接続できるようになります。さらに、ビジネス分野においては、IEEE 802.11ネットワークは、産業オートメーションや、ネットワークビジネス機器の拡張に利用できるほか、事業所内のLANの拡大、支店事務所ビルへの接続、顧客に対するインターネットアクセスの提供などに活用できます。

Via Licensing は、IEEE 802.11規格を実装するエンドユーザー製品のメーカーに対して、特許ライセンス許諾プログラムを提供しています。このプログラムにより、IEEE 802.11技術の実装の必須特許へのライセンスを可能な限り多くのメーカーが利用できるようにし、この重要な技術とその市場のさらなる成長と発展を図ります。

IEEE 802.11規格のコピーは、IEEEのウェブサイトwww.ieee.orgで入手できます。