AGORA-C

ISO規格17572-3高度道路交通システム(ITS)—地理データベース向け位置参照技術—パート3:「AGORA-C」として知られるダイナミック(動的)な位置参照は、GPSの精度をリアルタイムで高め、より高度なナビゲーションサービスの展開を可能にすることを目的としています。

AGORA-Cでは、位置参照データをダイナミックにエンコード処理あるいはデコード処理する方法が規定されています。たとえば、あらかじめ定義された位置コードや参照テーブルを必要とせずに、分岐合流点、高速道路の出口、郵便住所などの地理上の目的地をあらゆる地図で一意的に識別ができます。AGORA-Cはとりわけ、動的な経路案内や公共交通管理システムのほか、位置情報サービス(LBS)や施設情報(POI)など他のタイプの地理参照サービスのためのナビゲーションシステムに実装されます。AGORA-C規格のコピーはISOオンラインストアで入手できます。

 

 

 

 

 

AGORA-Cの技術とライセンス許諾の概要